消費税の軽減税率制度に反対。もう一度導入の是非を議論してほしい

つい先日、安部首相から、平成29年4月に予定されていた消費税増税の延期が発表されました。これに伴って、軽減税率制度の導入も延期されることになります。
この軽減税率制度は、いっけん庶民にとってありがたい制度のように見えますが、実はとんでもない制度なのではないかと思っています。
まずは何と言っても、対象品目の線引きが極めて難しく、毎年の税制改正の際に、業界団体が政治家に陳情合戦を繰り広げることが目に見えるということです。政治と金の問題が、ますます深刻化することになるのではないでしょうか。
次に、中小零細企業を営んでいる事業者の方々の負担がものすごいということです。レジの入れ替えによる費用的な負担はもちろん、日々の記帳業務も複雑になります。もしかしたら、これによって税理士の仕事が増えるのかもしれませんが、肝心の税理士の団体(税理士会)は、軽減税率に断固反対の姿勢をとっています。税の専門家が、自分たちが儲かるかもしれない制度に反対するということは、やっぱり欠陥のある制度なのだと思います。
そのほかにも、社会保障のための財源が更に失われるということなど、いろいろな問題点があります。この際、軽減税率制度の導入の是非をもう一度議論してほしいものです。脱毛ラボ キャンペーン

鳥類のことと節足動物などに関して勉強した

鳥類において演習しました。鳥類は、スズメ・ニワトリ・アカゲラ・カモ・ワシ・ペンギン・ダチョウなどがいます。ハ虫系統は、カメ・トカゲ・カメレオン・ヤモリ・ヘビ・ワニなどがいます。両生類は、カエル・イモリ・サンショウウオなどがいます。魚類は、タツノオトシゴ・マンボウ・イワシ・マグロ・ドジョウ・メダカ・フナ・ウナギ・シーラカンス・エイ・サメなどがいます。円口系統は、ヤツメウナギ・メクラウナギがいます。次は節足動物だ。昆虫系統は、トンボ・バッタ・カマキリ・トビムシ・OK・チョウ・ハエ・アブ・ハチ・カブトムシ・準などがいます。多乗り物系統は、ゲジ・ムカデ・ヤスデなどがいます。クモ系統は、クモ・ダニ・サソリ・カニムシなどがいます。甲殻系統は、ミジンコ・フジツボ・フナムシ・ダンゴムシ・ワラジムシ・エビ・カニなどがいます。尾索生物は、ホヤなどがいます。心索生物は、ナメクジウオがいます。知らない生物の名もあったので勉強になりました。

電流計のことなどについて勉強をしていました

電流のことについて勉強しました。電流が流れていないとき、電子はばらばらの向きに動き回っているので、全体としては電気の移動はないのと同じです。電流が流れているときは、電子は+極に引きよせられるので、−極から+極に向かって動きます。電流の向きと電子の流れる向きがちがうのは、雷は電気であることを証明したフランクリンが、+の電気をもつ物体は電気が過剰であり、−の電気をもつ物体は電気が不足していると考えたためです。次は、電流計についてです。使い方は、直流用を用います。+端子を電流の+極側に、−端子を電源の−極側につなぎます(電流の大きさがわからないときは、−端子は最大の値の端子を使う)。回路のはかろうとする部分に直列につなぎます。注意することは、電流計を電池や電源装置に直接つないだり、回路に並列につながないことです。電流のことについて勉強をしましたが、久しぶりの名前なども出てきたので復習みたいな感じでできて良かったです。

いろんな形式のことについて勉強していました

形式などについて勉強しました。テキスト形式は、文字の情報だけで構成されたファイル形式です。アプリケーション固有の情報を持たないため、互換性が高いです。PDFファイル形式は、各種のソフトウェアで作成した文書をPDFと呼ばれる形式に変換して保存する形式です。PDF表示用のソフトウェアを持っていれば、コンピュータの機種や環境に関わりなく文書を表示できるため、文書を不特定多数に配信するのに便利です。HTMLファイル形式は、テキスト形式で記述されたWebページの記述言語のファイル形式です。ビットマップ形式は、画像を点(画素)の集まりとして保存する形式です。GIF形式は、256色までの色を表現できるファイル形式です。JPEG形式とPNG形式は、フルカラーの画像を圧縮して保存するファイル形式です。AVI形式とMPEG形式は、音声付き動画のファイル形式です。MP3形式は、音声を圧縮して保存するファイル形式です。知らないことばかりで勉強になりました。

小切手の事故を防ぐ方法などについて勉強しました

小切手などについて勉強しました。小切手が不渡りになると受取人に損害を与え、振出人は取引先などの信用を失うとともに、銀行との当座預金取引が停止されます。小切手の不渡りや盗難・紛失などの事故を防ぐ方法は、まずは自己あて小切手(自行あて小切手)です。新規の取引で信用がない場合などに、自分が振り出した小切手を受取人の要求に応じて取引銀行が振り出す小切手にかえてもらい、それで支払うことがあります。この小切手を自己あて小切手といい、銀行が支払人となるので不渡りのおそれがありません。次は、線引小切手です。小切手は持参人払いといって、小切手を持参した人だれにでも原則として支払います。したがって、盗難や紛失により不正に換金されるおそれがあります。それを防ぐ小切手として、線引小切手(一般線引小切手・特定線引小切手)があります。一般線引小切手は、小切手の表面に2本の平行線を引くか、その平行線のなかに「銀行」などと記入します。知らないことを知れて良かったです。