節分の新常識! 出雲大社が教える豆まきの作法

恥ずかしながら私はこの年になるまで豆まきに作法があるなんて知らなかった。文字通り「鬼は外」で外に豆を投げ、「福は内」で家の中に豆を投げる行為を交互に数回まいていました。
ところが豆まきにも作法があって、鬼は夜に現れるから、夜になってから下投げで豆をまく。下投げをする行為は、種を蒔く行為で豊作祈願になるそうです。
玄関から一番遠い部屋から順にまき、窓を開け、一家の主人が「鬼は外」 その後家族が続いて「鬼は外」 これを2回行ったら鬼が入ってこないように急いで窓を閉める。
「福は内」も同様に家の中に向かって2回行う。最後に玄関から豆をまき、福を体内に取り入れる。という意味で「福は内」で家の中にまいた豆を満年齢に1足した数を拾って食べる。
「豆」とは健康。の意味があり、1つ余分に食べて1年間健康に生きていく。ということだそうです。
豆まきの順番や作法。大変勉強になりました。今年の節分には手順通りに豆まきをし、北北西を向いて恵方巻をいただきたいと思います。

POS方法やバーコードなどについて習得

体系などについて稽古しました。POS体系(売却タイミング通報抑制体系)は、グッズを販売した時点でグッズの売却通報をコンピュータに記録し、これを通算・分析したパフォーマンスを売れ残り抑制や推進に活用する体系のことです。バーコードは、アルファベット、分量、マークなどを一定の条件に従って白と黒の線に書き換え、コンピュータに入力できるように表したものです。AVERAGEは、指定したセルの平均値を勧めます。COUNTは、指定した枠にいる点数認証の枚数(セル台数)を勧めます。COUNTAは、指定した枠にいらっしゃる認証の枚数(セル台数)を勧めます。COUNTIFは、指定した条件に合致した認証だけの枚数を勧めます。DATEは、指定した日付からシリアル収穫を勧めます。DATEDIFは、指定した初日から終焉お日様までのタームを年頃、月、お日様の単位で勧めます。DAVERAGEは、指定した詳細に合致する認証の平均値を勧めます。知らない話もあったので、勉強になりました。