懐妊5カ月の妊婦なのに自慢で転んでしまった

2年2ヵ月の元気いっぱいのお子さんを相手に毎年、格闘中であると共におめでた5カ月でもある俺。でも2周りって何となく最初の養育に奮闘する今一、妊婦です実態の注意を怠って仕舞う。その怠ってしまった結果、誠にお子さんを抱っこしたまま力一杯転んでしまったのだ。こいつには自分も気抜けと後悔。
モータープールでしげしげと断ち切るお子さんを抱っこして自家用車へ向かっていたら、真下が見えなくて車止めにつまづいて転んだのです。とっさにお子さんがアスファルトで心をぶつけてはいけない、と思ったのか自分の上肢をお子さんの頭にまわしてインタビューを控えることができ、お子さんにはキズはなかった。その代わりに俺は力一杯左側肘と左側ひざにすり傷が。そして、お腹の赤ちゃん。胎動はひとまず、受けとるものの予め心配だったので産婦人科を診断。殊更デメリットも無く事なきを得た。
自分の不注意に内省です。これからもお子さんはパッション満員駆け抜け訪ねるだろうし、俺はお腹が大きくなって動けなくなる。真面目、気をつけないとな。