時間にゆとりのある外出を、楽しみました!

今日は、久しぶりに子供をパパに頼んでお出かけをする事になり、とても楽しみにしていました。
1人で出かけられる日は、1年に数回しかないので、今日はとことんゆっくりと遊ぶぞ!と、気合を入れて出ました。
友達とのランチだったのですが、合流するまでにも、1人でお店を見たりしていたいと思い、少し早めに出ました。
うちから電車で数回乗り換えて行くところなのですが、
少し時間がかかりますが、一回の乗り換えで行けることを知り、そのルートで行く事にしました。
電車の乗り換えがうまくいかなく、乗り換えの駅で、20分ほど待つ事になり、椅子に座っていると、
駅の中にはいろんな看板があり、ゆっくり見たことがなかったので、看板をじっくりと見ていました。
こんなに時間にゆとりのある外出は、ほんとに久しぶりで、むしろ、椅子に座って電車を待つなど、したことがありませんでした!
いろんな人が電車から降りたり、乗ったり。
私のところだけ時間が止まっているようで、不思議な感覚になりました。

なるほどそういう発想って意外と商売化されてないよなあ

普通ガチャといえば子供がやるものという思い込みがあってたまに大人がやっているのを見るとマニアしか飛びつかない商品を狙ってやっているものというガチャを見る機会はあっても実際には私の人生で全くやった事がないものである。
しかし兵庫県・丹波篠山の西紀SA下り線でガチャを回して出た食券で食べる物が決まるというありそうでなかったサービス通称「ガチャめし」が1回500円で8月5日サービス開始となった。
SAの社員が「昼飯なんかなんでもいいわー」と声を上げた事がきっかけで意外と食べたい物が分からない決まらない人がいるのではないかという発想から運営会社の担当社員が話し合いで生まれたようでサービス開始後このチャレンジで損をする事はなく中には投資額の倍以上の但馬牛丼や投資額の4倍の但馬牛・但馬牛うどん・そばセットが当たった人もいるようでネットの反応もかなり好評のようである。
確かに年に何回かふと何を食べようかなあと迷う時はあってここに限らず普通の名の知れたファミレスや飲食店でこういうアイデアを取り入れてやって欲しいなあと思うが私が知らないだけでひょっとしたらこれ以上のサービスをしているのかもしれないがどうなんだろうか。キレイモ効果